みらい学舎

算数や数学は、「ことばや記号・符号」の理解から始まります。
(ノーベル賞を受賞された益川先生もおっしゃっていました)
+、-、×、÷の記号の意味を理解すると、1-3=-2 や1+1=2の説明も、きちんとできるんです。
もちろん解法や常識といったモノを暗記した処理で答えは求められますが、こういった「暗記」の勉強って、面白くないですよね? また、理科は自然現象(身の回りに起こるすべての事がら)を追い求める学問ですが、幼い子ども達の「なんでこうなるの?」の質問に、ごまかさずに的確に応えてあげるからこそ、子ども達は欲求が満たされるはずです。大人だって分からない事はあるでしょう。その時は子ども達と一緒に調べてあげる事も、重要な大人の役割だと考えます。2002年に、算数・数学・理科の指導内容が大幅に削減され、その結果は明らかに「学力低下」を招きました。2011年からは、少しずつ元の指導内容に近づきつつありますが、高校生になった時のつらさはどうやって解決していくのでしょうか? 10年以上が経ち、2012年からは『新指導要領』での学習が始まりました。学習内容も脱・ゆとりで、大幅に増えました。しかし、土曜日の休みは変わりません。したがって、1週間に学習する事柄が単純に増えています。みらい学舎では、あえて学校の授業の補完ではなく、あくまでも受験を見据えた対応・授業が必要と考えます。求められているのは「真の学力」、とことん追求しましょう。「知識の詰め込み」や「解法の暗記」に頼った勉強ではなく、植物の根が大地にはるように、確かな物の考え方を子ども達に教えていきたい。それがみらい学舎の基本です。

こんな方たちのご要望にお応えいたします。

1. 今通っている英語塾は楽しいので続けさせたい。でも算数や数学もそろそろ家では教えられないな…

2. 中学生になると部活動も始まるし、小学校の授業だけで中学の数学や英語の授業についていけるかが心配…

3. 我が家は中学入試をさせるつもりはない。小学生のうちは習い事や外での活動に時間を割きたい。でも、同級生の受験をすると言っている子がやっている問題には、ちょっと興味があるな…

4. ドリルを黙々とこなす塾に行っている。計算は速くなったと思うけど、文章題や図形、国語の読解や漢字は大丈夫かしら?

5. 家で勉強できない。宿題さえままならない。このままだと友達に差をつけられちゃうかな? 不安…

6. 小学生3年~6年で、中学からの数学や、国語の読解の土台ができるらしいけど、大丈夫かな…

7. 習い事を優先させたいので、週に3日も塾には行けないや。せめて週に1日か2日ならば…

8. 今の勉強は退屈だ。もっと難しい問題やたくさんの知識問題にもチャレンジしてみたいな…

9. 高校生になったら、理系に進みたいな。今のうちから「理科心」「数学感」をつけたいな…

10. まだ高校生活のイメージがわかない…文系・理系っていうけれど、どちらにせよ英語はあるらしい。不安…

11. 部活動の推薦で高校に行きたいけど、合格後の高校の授業(特に数学・英語)についていけるかな?心配…

12. まだ、小・中学生なんだけど、スポーツに関する「科学(どうやったら上手になるのか?どうしたらケガをしないで練習できるのか? など)」に興味あるな…

コース紹介

学校や学年が同じ人たちでも、将来の夢や進む方向まで同じではないですよね?
みらい学舎では、みなさん一人ひとりが進んで行く未来を一緒に見つめながら、
それぞれの目標に合った学習コースを用意しています。すでに志望校が決まっている人も、得意な科目を伸ばしたい人、苦手な科目を楽しめる科目に変えたい人も、教えるプロフェッショナルがいるみらい学舎で一緒に学んでみませんか?

中学生コース

みなさんは高校受験について、どのような想いを持っていますか?
自分にとって大切なスポーツや部活動を活かせる高校を選ぶことも
将来の夢につながる勉強が出来る高校を選ぶことも
未来に向かって進んでいくことはとても素敵なことだと思っています。
中学生はやはり「部活との両立」が最も重要なポイントです。
毎日をダラダラと過ごすと、生活のメリハリが薄くなります。
また、ほとんどの中学生には「中間・期末テスト」や将来的には「高校受験」が待っています。
「学校」・「家庭」・「塾」のバランスのとれた生活習慣や学習習慣を、早期に身に付ける事で来るべき受験に備えましょう。
みらい学舎では、単に勉強だけで生徒に接するつもりはありません。
一人の人間としての成長を促していけるよう、身近な存在として子ども達と触れ合っていきたいと願います。
みらい学舎では、「行ける高校」ではなく、「行きたい高校」に向かって進んでいるみんなを精一杯応援しています。
中学生対象のコースには、大きく次の3つのコースがあります。
●1・2年生で部活を大切にしている人向けの単科コース「1time ・2times」
●県立高校+私立高校併願、私立高校単願を目指す人向けの「県立高校受験コース」
●難関国・私立高校(筑波大駒場、筑波大付属、東京学芸大付属、開成、早慶付属)や県立の浦和・浦和一女・大宮・市立浦和・川越・川越女子などを目指す人向けの「難関校受験コース」
1timeコース 中1単科   2timesコース 中2単科
毎週水曜に1教科(1time)の中1、毎週火曜・金曜の2日で1教科(2times)の中2の通塾で、勉強と部活動との両立をがんばる子ども達のコースです。
「部活が忙しいし、週に3日もある塾なんていけないよ。でも学校の勉強に遅れをとると、テストや内申点に不安があるな」という人たちのために最適な単科コースです。もちろん適度な量の宿題は出します。定着をはかる小テストも必ずあります。塾用の教材を使って勉強をして、学校の授業に安心感を持ちましょう。部活を引退したあと、いきなり「さあ受験勉強だ !」とはなりにくいものです。今から日常生活の中で塾に慣れておくのも効果ありです。中学生は「こころ」と「からだ」のバランスに気を使う年齢です。メリハリのある生活を私たちは応援します。
難関校受験コース
難関 国語・英語・数学 (国・私立上位、県立上位対象のコース)
対象:中1~中3(週各2コマ、中1のみ週各1コマ)
塾用の教材をメインに、教師のオリジナルプリントを織り交ぜ、あくまでも「受験」を常に意識した授業構成です。中学校の授業進度では、残念ながらその学年のうちに履修単元が終了しないのが現状です。したがって、該当学年の2月末までには学年で履修すべき単元を終了させます。また、1年生、2年生でも解ける入試問題を適宜与え、受験学年になる前に頭の訓練をさせながら学習内容を深く掘り下げ、予習・復習の習慣づけをしながら子ども達の知的好奇心をくすぐります。新出単元の導入回では、細かな説明を聞いた後に基本問題を解き、練習問題を宿題として課します。次回の授業に出席するまでに、解いてきてください。ハードな内容ではありますが、やりがいとおもしろさのある授業です。かなり難しい問題もこなし、上位校合格のための基礎を築きます。
難関コースの合格実績
国立・お茶の水女子大付属高校  国立・東京工業高専  国立・東京工業大附高校 国立・筑波大坂戸高校
慶應義塾志木高校 早稲田大学高等学院 早稲田大学本庄高等学院 中央大学付属高校 中央大学杉並高校
立教新座高校 桐朋高校 巣鴨高校 城北高校 豊島岡女子高校 淑徳与野高校 栄東高校 川越東高校
県立・浦和高校  県立・浦和第一女子高校  県立・川越高校  県立・春日部高校  市立・浦和高校…など
県立校受験コース
県立 国語・英語・数学 (県立中堅や私立併願・単願対応のコース)
対象:中1~中3(週各2コマ、中1のみ週各1コマ)
塾用の教材と標準問題集を使い、学校で学習するよりも少し早めに一通りの内容を知る事で、学校での授業の理解度が上がります。そうすれば、中間テストや期末テストの前にする勉強が本人にとっては3度目の学習になり、部活に費やす時間が有効になります。国語・英語・数学(3教科必修)を基本とし、常に受験を意識した内容の授業です。(中1では国語は選択性をしていますので、受講はご相談ください)。3年生においては、学校の授業ペースでは入試に間に合いませんので、進度は学校よりは早く、学習内容は定期テストや北辰テストを念頭に入れた基本問題を中心に、確認テストや補習を繰り返し、基礎力アップと定着に力点をおきます。2年生までの復習をおりまぜながら安心して3年生の学習単元の勉強を進めます。また、「補講:基礎復習講座(前期無料講座)」では、入試によく出題される内容で、中1・2の学習単元を中心に総復習していきます。なお、部活動が活発で引退するまでは3日間の通塾が困難な人には、引退までは英語・数学の2教科(2日間)の受講のご相談も受けます。
県立コースの合格実績
県立・川越女子高校  県立・蕨高校  県立・浦和西高校  県立・所沢北高校  県立・和光国際高校
県立・松山高校  県立・所沢高校  県立・川越南高校  国立・筑波大坂戸  県立・越谷南高校
県立・春日部東高校  県立・朝霞高校  県立・与野高校  県立・南稜高校  県立・朝霞西高校
県立・大宮光陵高校  県立・志木高校  県立・いずみ高校  県立・越谷西高校  県立・和光高校
川越東高校 大宮開成高校 東京農大第三高校 大妻嵐山高校 城北埼玉高校 城西川越高校 星野高校
西武文理高校 國學院高校 明治学院東村山高校 淑徳高校 淑徳巣鴨高校 日大鶴ケ丘高校 保善高校
細田学園高校 西武台高校 大東文化第一高校 山村学園高校 武南高校 文京学院女子高校 埼玉栄高校
浦和実業高校 豊島学院高校 昭和鉄道高校 帝京高校 豊南高校 叡明高校 昭和鉄道高校 城西高校…など
国語選択
国語(中1の選択制)中1難関生はぜひ受講してください。
対象:中1(週に各学年1コマ)
国語の学習も軽視はできません。学校のテストでは授業で何度も読んだことがある文章から問題が作られています。したがって、文章の内容が頭にある状態で試験を受けます。しかし、高校入試では初めて読む文章が出題され、限られた時間内で正確に読み取り、解答を書くことが要求されます。また、読解はもちろんのこと、漢字や文法問題も範囲の指定がないのが入試問題です。日ごろから新しい文章に触れ、漢字や文法の学習も大事にしていきます。ただし、どうしても部活等の関係で通常の授業に参加できない場合は、英語や数学の授業前後に「漢字」「文法」のチェックテストを受けることができますので、国語で確実に得点できるようになりましょう。なお、2年生からは英語・数学と一緒に受講していただきます。また、3年生の秋からは国語の演習時間が増えます。詳細は、夏休み中にお知らせいたします。
理科・社会選択
理科・社会(選択制)3年生県立受験予定者はぜひ受講してください。
対象:中3(週に各1コマ)
県立高校の受験には、例外を除き前期入試では5教科受験が課されています。500点満点中200点は理科・社会の配点です。中1・2のうちは部活の状況や、各中学校による独自の進度があり、合同で一斉に授業をするよりも、定期テスト前に集中した方が効率が上がります。しかし、3年生はそうは言っていられません。残り期間で3年間の総復習をしなければならないので、早めの対策を始めます。毎回のチェックテストや、問題集をこなして単元の理解と共に、入試問題に慣れていきましょう。
1time 県立校受験コース 難関校受験コース
2times 県立校受験コース 難関校受験コース
県立校受験コース 難関校受験コース

公立中学に進学する小学生を対象としたコースです。中学受験コースは設置していません。中学受験生を20年以上指導し、インターネット塾「中学受験Jmedia」の小6受験算数を担当している教師が、直接指導し、算数を得意教科にします。また、算数・国語の単科受講が可能です。今の小学校の教育では、「差」をつけることをなるべく避け、良く解釈すれば「落ちこぼれ」を作らない教育となっています。しかし、そこで6年間育てられた子ども達は、中学生になると「中間テスト」「期末テスト」「内申点」といった、「差」をつける教育に直面します。もちろんテストの点数だけで評価されるわけではありませんが、やはり「テスト」は重要な要素です。みらい学舎では、小学生のうちから家庭学習の習慣をつけ、少なくともテストの前は「準備」として勉強をする姿勢を作っておくことをこころがけさせます。また、年に4回実施を予定している「コンピューターテスト」では、広範囲の同級生と同じテストを受験し、相対的な自分の学力を測れるよう、カリキュラムやテキストを選定しています。得意な教科は実力をのばし、苦手教科は今のうちに手を打ちましょう。算数だけ、国語だけの単科での受講ができるから、経済的にも安心。“苦手”と“得意”に合わせたコースが選べます。6年生には理科・社会の講座も用意してあります)
眼で解く算数(基本コース)
対象:小3~小6
小学生用の教科書ワークを中心に、「確かな計算力」「文章から条件を書き出し、図に表す作業」がテーマです。算数が苦手になる原因は、“問題を読み終わってすぐに計算しようとする指導”から始まる事が多いようです。線分図や状況図、あるいは自分のオリジナルの図でもいいので、まずは視覚から情報を入れるための練習をしましょう。
なっとく(納得&解く)国語(基本コース)
対象:小3~小6(週に1コマ)
国語の解き方」がこれまでいまいちよく分からなかった子ども達を対象として、小学生用の塾用教材を中心に、文章の「読み方を納得する」→「解き方の手順を理解する」→「自分で解けるようにする」をテーマに、説明文・物語文・随筆文・詩・短歌・俳句など各ジャンルの文章を、「納得」しながら読み解いていきます。良質の文章に触れる中で漢字や語彙を増やすとともに、「ことばあつめ」「漢字パズル」など子ども達の興味がわく素材も取り入れ、国語好き・本好きになるコースです。
ヨミ解く算数(応用コース)
かくとく(獲得&書く+解く)国語(応用コース)
対象:小2~小6(週に1コマ)
学校の国語の授業だけでは物足りないと感じている子ども達を対象に、塾用の教材とオリジナル問題プリントを併用し、「ちょっと複雑な文章」「ちょっと長い文章」「ちょっと高度な表現」を、自分の力で正確につかみ取り、さらには実際に手で「書く」作業により、表現力も同時に養います。説明文・物語文・随筆文・詩・短歌・俳句など各ジャンルの良質の文章を読むのはもちろん、有名文学作品や古文にも挑戦します。国語好きの皆さん、ぜひ一緒にたくさんの文章を読み、考え、自分で書いてみながら、中学国語につながる架け橋となる時間を過ごしましょう。
※現在は中学受験用の個別コースは開講していません。
小学2年 応用コース
小学3年 基本コース 応用コース
小学4年 基本コース 応用コース
小学5年 基本コース 応用コース
小学6年 基本コース 応用コース