みらい学舎

特に算数での学習に根気が必要になる学年です。高学年になり、学校でも色々な仕事に携わる学年になりました。学力もそうですが「こころ」「からだ」のケアと、上級生としての覚を促すようなふれあいを心がけたいです。
先ずは基本コースで体験・受講していただき、年4回のコンピューターテスト(偏差値判定あり)の結果をみて、応用コースへの変更を考えましょう。
※現在は下記のカリスマ算数・理科は開講しておりません。

コース紹介

基本コース

 受験はしないが、学校の学習だけで中学校に上がるのが不安である。でも他の習い事があり、週に何回も塾には通えない。そういった声にお応えするためのコースです。

国語・算数を中心に、理科や社会の内容もおりまぜ、長年中学生を指導してきた我々が、「小学校のときにこれはおさえておきたい」と思う内容を、塾用教材とオリジナルプリントをおりまぜ、ノートのとり方や計算問題、文章問題(割合。比を含む)、図形、漢字、社会の単語、落ち着いて文章を読み、内容を読み込む力(読解力ですね)などを、時間をかけて丁寧に教えます。特に、理科や社会は、中学生になったときに役立ちますよ。

また中学校に進学すると、小学校にはなかった部活動や定期テストが始まります。特に部活動では、1年生と3年生の体力差は大変大きく、家に帰るとクタクタに疲れた子がいます。また定期テストも初めての体験となり、勉強の習慣やテスト前の準備をする習慣も大事になります。ですから小学生のうちに明るく楽しい雰囲気の中で、予習・復習の学習姿勢を身につけます。楽しさの中にも厳しさをおりまぜ、中学生になるための土台を築きます。

応用コース

 学校の勉強は今のところ特に問題がない。むしろもう少し骨のある問題を解いてみたい。私立中学受験はしないけれど、受験を予定している子がどんな勉強をしているのか興味がある。そんな声にお応えいたします。

学校の授業内容よりはちょっと難しい事をしながら、頭の柔軟性を鍛えます。塾用の教材を使用し、このテキストに沿った「コンピューターテスト」を年に4回実施します。広いステージで自分の学力を計るチャンスを用意いたします。

またチェックテストや計算・漢字テスト、教科横断的な問題を集めたオリジナルプリントをはじめ、中学校に進学する前に、少し背伸びをしましょう。

極!!算数コース
 文字通り、難解な問題をじっくりと考え、からまった糸を解きほどくような作業になります。柔軟な頭を鍛えるのは、この講座でおまかせください。6年生の単元や中学生の問題などもチャレンジしませんか?(応用コースと同じコンピューターテストを受験できます)
文字通り、難解な問題をじっくりと考え、からまった糸を解きほどくような作業になります。柔軟な頭を鍛えるのは、この講座でおまかせください。中学数学の扉は、2学期後半から開きますよ。ご期待ください。(応用コースと同じコンピューターテストを受験できます)