みらい学舎徒然

受験生に…

2013.12.29 [blog]

運とは口説(くど)くもの 
               
僕は取材などで、「長谷部さんは運がいいですね」と言われることがある。
「いいですね」と言われれば、「いいです」と答える。
確かにそれは事実だけれども、どこかしっくりとこない。

「経営の神様」と呼ばれる松下幸之助さんが言うように、運というのは『自分が何か行動を起こさないと来ないものだ』と思っているからだ。
さぼっていたら、運なんて来るわけがない。              
それに、ただがむしゃらに頑張っても運が来るとは限らない。

普段からやるべきことに取り組み、万全の準備をしていれば、
運がめぐってきたときにつかむことができる。たぶん、運は誰にでもやってきていて、
それを活かせるか、活かせないかはそれぞれの問題だと思う。

だから僕は試合後に「ツイていたね」とか「運がよかったね」と言われるのが嫌いだ。
ギリギリのところで運が味方してくれるのは、ただ運がよかっただけではなく、それにふさわしい準備をしていたからだ。                      
スペイン語で『運』は女性名詞。だからアルゼンチンの人たちは『運を女性のように口説きなさい』という。
何も努力しないで振り向いてくれる女性なんていないだろ? 
それと同じで、運もこちらが必死に口説こうとしないと振り向いてくれないんだ。
異性を口説くように、運も口説きなさい。ユーモアがあって、堅苦しくなくって、僕はこのアルゼンチンのことわざを一発で好きになった。 

長谷部誠 「心を整える」より

毎年この時期になると、受験生に贈る言葉を掲載します。
今年は、「サッカー日本代表」である長谷部誠氏の著書からの引用で、
「運は自分でつかみとる」ことをうたったものです。
世の中、運のいい人はいます。しかし、ほとんどの人はその運をつかみきれずにいます。
そんな時ネガティブにならずにポジティブになれること、
失敗や間違いを次の成功につなげようと思えること。
つまり、人は自分の考えているような人間になるのです。

考えることは生きることに通じ、どんな考え方をするかで人生は変わってくるのです。
私たちの存在は私たちの心の中にあるのです。
「勝利・成功(合格)の考えを持ち続けること」が大切です。

受験生の皆さん、不安はあって当然です。あなただけが不安になっているわけではありません。
失敗を恐れずに日々の生活や勉強に自信を持って受験に臨みましょう。             
                                              太田仁

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

最新の記事

カテゴリー

  • カテゴリー
    • カテゴリーなし
2021年10月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031