みらい学舎徒然

錦繍&最近嬉しかったこと

2013.2.5 [blog,徒然]

 共立女子の国語の過去問を解いていると、宮本輝の『命の器』が問題文に使われていました。ここには、小説『錦繍』が誕生するきっかけが書かれているのですが、宮本輝の数ある小説の中でも『錦繍』は本当に心を打たれる作品です。「前略、蔵王のダリア園からドッコ沼へ登るゴンドラ・リフトの中で、まさかあなたと再会するなんて、本当に想像すらできないことでした」という冒頭から始まり、最初から最後まで男女の手紙だけで構成されています。
 最近読んだ『月光の東』という作品も良かったですね~。久しぶりに徹夜で本を読みました。それくらい良かったです。
 最近もう一つ嬉しかったこと。今年も作家の渡辺淳一さんから年賀状をいただきました。学生の時から毎年年賀状を書いているのですが、毎年必ず返事を送ってくださいます。もちろん、アシスタントの方が代行しておられるのでしょうが、一読者にもちゃんと返事をしてくださるその気持ちが嬉しいですね。

No comments yet.

Leave a comment

最新の記事

カテゴリー

  • カテゴリー
    • カテゴリーなし
2021年11月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930