みらい学舎徒然

日中韓問題についてその2

2012.10.23 [blog,徒然]

コメントありがとうございました!
本当にその通りだと思います。
慣れない日本でお母さんもお父さんも、そして子供たちも皆一生懸命頑張っています。
どの国の人だって「嬉しい」「悲しい」という感情はきっと同じだと思います。
私が尊敬している大好きな作家の村上春樹さんも、朝日新聞への寄稿で、文化の交換は「我々はたとえ話す言葉が違っても、基本的には感情や感動を共有しあえる人間同士なのだ」という認識をもたらすことをひとつの重要な目的にしている。それはいわば、国境を越えて魂が行き来する道筋なのだ。と書いておられました。
日中韓問題は、国レベル政治レベルで完全に解決することは難しいでしょう。
ですが、同じ気持ちを持っている人と人として、同じ地域で生活している人と人として、一緒に生きていきたいと強く願います。

  1. 私も、そうありたいと思います。願います!

    Comment by 太田佳代子 — 2012年10月27日 @ 10:25 PM



Leave a comment

最新の記事

カテゴリー

  • カテゴリー
    • カテゴリーなし
2021年11月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930