おや?親のとびら

0,1歳児親子向け事業を~!

2014.5.9 [児童館の思い出14年史]

児童館職員としての14年間。足跡を綴ります。

子どもに関わる方、親御さんに、子どもとの関わりのヒントや児童館のような場所(学校でも家でもないナナメの関係ができる場所)の存在意義を知っていただけたら嬉しいです。

これから私が関わっていく『進学塾 みらい学舎』も・・・

もしかしたら“ナナメの関係”が作れる場所かもしれない。

教育と福祉、混ざりそうもないこの関係を、新たな視点をもってチャレンジしていきたいと思います。(太田佳代子)

**********************

【児童館の思い出7:0,1歳児親子向け事業を~!】

 

児童館事業として初めからあったのは「ちびっこランド」という事業でした。0歳児から未就学児親子対象の事業としてはいたけれど、実際0歳児親子には参加しづらいものでした。

 

子育てネットワークの活動を通して、「0,1歳児のなるべく早い段階から、気楽に出かけられ、人とふれあえる場所が必要。それが、虐待防止や孤育てを防ぐ一歩になる。」と考えていました。

館長に「ベビーランド」という事業を企画として出しました。

2000年9月。第1回目のベビーランドを開催した所、当日受付で集まったのがなんと、60組を超える数。

イモ洗い状態でした。

ただ、この事業の必要性は実証され、その後、0歳児と1歳児を分け、さらには0歳児を2コースに分け、「ねんねコース」「はいはいコース」「よちよちコース」として、2日間で約100組に対応できるようにしていきました。

 

現在は5つの児童館でそれぞれに、0歳児向け、1歳児向けと、趣向を凝らした事業を当たり前のように実施していますが、最初の一歩がこの「ベビーランド」だったのです。

当時のベビー達は、今や中学生!同じ地域にずっといますから、お母さんを通じて、子どもたちともつながりをもてています。子ども自身とも、なんだかんだと、小学生中学年くらいまでは一緒にあそんだりできた子もいました。

 

先日、児童館をやめることを、児童館をよく利用してくださった、ある一人のお母さんにメールで伝えました。

返信には「お疲れさまでした!14年間…本当に我が家は、はまさき児童館で長い時間を過ごさせていただきました。一緒に成長させていただいたといっても過言ではありません。MもRも太田さんには大変お世話になりました。すっかり大きくなりましたが(もう中高生!)遊んでいた頃がつい先日のような感じにもなります。・・・」と、私も過去の懐かしい場面をいろいろと思い出させてもらいました。

 

児童館は0歳から18歳の子どもたちが自由に利用できる場所。

乳幼児さんに関しては、親御さんにとっても居場所となるところ。

0,1歳児向けに絞った事業を取り入れたことで、本当に長年にわたって活用してもらえる児童館になったのかな・・・。感慨深いです。

 

子育てネットワーク

[児童館の思い出14年史]

児童館職員としての14年間。足跡を綴ります。

子どもに関わる方、親御さんに、子どもとの関わりのヒントや児童館のような場所(学校でも家でもないナナメの関係ができる場所)の存在意義を知っていただけたら嬉しいです。

これから私が関わっていく『進学塾 みらい学舎』も・・・

もしかしたら“ナナメの関係”が作れる場所かもしれない。

教育と福祉、混ざりそうもないこの関係を、新たな視点をもってチャレンジしていきたいと思います。(太田佳代子)

**********************

【児童館の思い出6:子育てネットワーク】

 

児童館に和光の方から視察の依頼がきました。

依頼先は「わこう子育てネットワーク」さん。

今ではNPO法人として、和光市内はもちろん、様々な地域で子育て支援のネットワークに関与している団体です。

 

代表の森田圭子さんが、はまさき児童館にいらっしゃいました。

受付で立ち話をしただけなのですが、「子育てネットワーク」の活動に直感的に興味をもった私は、

森田さんの「新座も子育てネットワークがあるのよ。こんど集まりがあるので来てみませんか?」という言葉で本当に出かけて行ってしまいました。

 

子育て中の当事者であるお母さんたちが、小さな子どもたちを抱えながら、

自分たちの子育て環境をより良くするため、

孤立しがちな親子を地域で支えるため、

虐待防止の視点ももって、ワイワイと前向きに行動している母たちに出会いました。

すごいな~素敵だな、と思ったし、「この活動は必要な事」と感じました。

 

その後、いろいろなご縁があって、

なんと、朝霞にも子育てネットワークが誕生したのです。

その名も「あさかいくじネットワーク」 。

『あいねっと』という呼び名で、地域で出会った母たちと、活動を始めました。

 

私は児童館職員をしながらの活動でした。

何事もそうですが、ピンときて走り始めたらイノシシな私。

忙しくも楽しい日々でした。(家族を振り回していた事は、後になって気づきました^^;)

また、いろんな子育てに関わる問題や課題もわかってきました。

それを児童館事業にも反映させたい・・・と思うまでには時間はかかりませんでした。

それでも彼らはやって来る

2014.5.8 [児童館の思い出14年史]

児童館職員としての14年間。足跡を綴ります。

子どもに関わる方、親御さんに、子どもとの関わりのヒントや児童館のような場所(学校でも家でもないナナメの関係ができる場所)の存在意義を知っていただけたら嬉しいです。

これから私が関わっていく『進学塾 みらい学舎』も・・・

もしかしたら“ナナメの関係”が作れる場所かもしれない。

教育と福祉、混ざりそうもないこの関係を、新たな視点をもってチャレンジしていきたいと思います。(太田佳代子)

**********************

【児童館の思い出5:それでも彼らはやって来る】

 

児童館1年目、私31歳。

来館者の多くが乳幼児親子さんと小学生で、少数だけど中高生も来ていました。

アリーナという体育館が使えたので、中高生でも楽しめるところがあったのです。

 

私もまだ若かったから、子ども達と一緒によくバスケをしました。
やんちゃな中高生とも^^

一緒に遊んでいると、いろんな意味で情が移るというのかな、

よく羽目を外し、よく切れだし、怒り出すと体も大きいし力も強いので

ヒヤヒヤさせてくれましたが、見放すことはできませんでした。

 

どんなことがあっても、

次に来たときはいつも通りに「お!来たね~こんにちは!^^」とお出迎え。
まずはあいさつしながら、その子の表情からいろんなことを読み取ります。
「あ~、今日はなんかむしゃくしゃしてる感じだな~」
「お、今日はなんかいろいろ話したいみたいだね♪」
などなど、聞かずとも感じるその子の様子で、私も周波数を合わせていきます。

 

けれど、いくら調子良い感じで来館しても

子どものココロはちょっとしたことで変わります。

あの日も・・・何かがきっかけで切れだし暴れ出しました。体を張って彼らを落ち着かせました。

泣いて語りかけました。がむしゃらに…私の気持ちをぶつけていました。へとへとになるまで。

 

でも彼らは、そんなことがあってもまた児童館にやって来るのです。

 

今思えば、児童館に来てくれているうちはまだ良かったな~と。

高校生世代後半に児童館に来ることはなく、風の便りでカラーギャングに入ったことを知りました。

 

当時は私、目先の子ども達の行動に注目してしまい、

背後の子ども達の様々な生きづらさを感じる余裕がなかったな…。

今にしてそれを思います。あの時はそれが私の精いっぱいだったのは確か。

児童館1年目の、ほろ苦い経験でした。

 

時は過ぎ、彼らが24,5歳になった頃でしょうか? ばったりスーパーで、その中の一人と会いました。

「俺はもう足を洗って仕事をがんばってるよ。太田さん、懐かしいな~。」って、

バスケして笑いあっていた時の笑顔と同じ表情を見て、私の心が喜んだのは言うまでもありません。

全力投球!…な児童館事業

[児童館の思い出14年史]

児童館職員としての14年間。足跡を綴ります。

子どもに関わる方、親御さんに、子どもとの関わりのヒントや児童館のような場所(学校でも家でもないナナメの関係ができる場所)の存在意義を知っていただけたら嬉しいです。

これから私が関わっていく『進学塾 みらい学舎』も・・・

もしかしたら“ナナメの関係”が作れる場所かもしれない。

教育と福祉、混ざりそうもないこの関係を、新たな視点をもってチャレンジしていきたいと思います。(太田佳代子)

**********************

【児童館の思い出4:全力投球!…な児童館事業】

 

み~んな初心者、児童館職員^^;

「児童館事業」を企画して運営するなんて!!!そりゃあ、緊張とプレッシャーと、不安ばかり。

どうなるのかなんて、誰もわからない。

 

とにかく、入念に準備あるのみ!月一回で行われる「ちびっこランド」という未就学親子対象の事業では、

はじめの踊りを毎朝練習!「うさぎさんの体操は~ぴょ~んぴょ~ん、ぴょぴょんぴょ~ん♪」

リハーサルも、入念なく。

当日も3~4人態勢で事業に入りました。(現在は2名)

 

当時の振り返りノートを、私は大事に保管しているのですが、

本当に一つ一つの事業に、それぞれが感想を書きあい、

次の事業にむけて一生懸命やっていた事がわかります。

 

今年度児童館職員になったお二人は、はいってすぐに、本番!

きっと想像を絶する緊張感なのではないかな?

改めて、初めての方に対する配慮と理解を・・・私こそ一番、感じなくてはな~と思います。

ワークシェア!!

2014.5.7 [児童館の思い出14年史]

児童館職員としての14年間。足跡を綴ります。

子どもに関わる方、親御さんに、子どもとの関わりのヒントや児童館のような場所(学校でも家でもないナナメの関係ができる場所)の存在意義を知っていただけたら嬉しいです。

これから私が関わっていく『進学塾 みらい学舎』も・・・

もしかしたら“ナナメの関係”が作れる場所かもしれない。

教育と福祉、混ざりそうもないこの関係を、新たな視点をもってチャレンジしていきたいと思います。(太田佳代子)

**********************

【児童館の思い出3:ワークシェア!!】

次男が小学生に上がるまで、私は週3日の契約で児童館職員をさせてもらっていました。

そして、私の他に週3日契約で職員をしてくださっていた方が必ずおりました。

要するに、“ワークシェアリング”をしていたんですよね。

今のはまさき児童館では考えられない働き方です。

 

もともと、職員が足りないところで現れたのが乳幼児母の私。

保育園の関係などで、週3日しか働けなかったのです。

実は、あと数日私の採用が遅れていたら、私は児童館におりませんでした。

他にフルタイムで働くことが可能な方が現れたのです。

しかし、私の方が先だったため、その方は私とワークシェアをして働くことになりました。

 

乳幼児の母である私にとって、このワークシェアリングという働き方はベストでした。

さらに、児童館は月曜の週休以外は、不定休でとることができました。

他の職員さんのあたたかいご理解があったおかげで、子育てをしながら、大きな無理をすることなく、

仕事を続けられる環境を得ることができたのです。

 

私がいうのもなんですが、

児童館にとってもワークシェアリングという働き方はメリットも多いのではないかと考えます。

★職員の数が増えることで、人手が必要なときは全員出勤、少なくても大丈夫な日で調整可能。また、互いが休みやすくなる。

★来館者にとって、児童館で出会う職員は多様である方が良い。合う合わないもあるし、それぞれの持ち味や強みが、事業や遊びの幅を広げるから。

★児童館を利用する当事者世代が働きやすく、当事者を理解した事業運営ができる(当事者の今必要なことがわかる)。

 

給与体系が複雑になるなど、今ではなかなか許されない働き方・・・ですが、

当事者の声を現場に生かすためにも!

また、子育てをしながら社会につながれるしくみをつくるためにも!

“ワークシェアリング”という働き方を復活してもらえたら嬉しいです。

少なくとも、私はこの働き方に感謝しています。一緒にワークシェアをしてくれた方にも感謝です^^

“あいさつ”って素晴らしい!

2014.5.6 [児童館の思い出14年史]

児童館職員としての14年間。足跡を綴ります。

子どもに関わる方、親御さんに、子どもとの関わりのヒントや児童館のような場所(学校でも家でもないナナメの関係ができる場所)の存在意義を知っていただけたら嬉しいです。

これから私が関わっていく『進学塾 みらい学舎』も・・・

もしかしたら“ナナメの関係”が作れる場所かもしれない。

教育と福祉、混ざりそうもないこの関係を、新たな視点をもってチャレンジしていきたいと思います。(太田佳代子)

**********************

【児童館の思い出2:“あいさつ”って素晴らしい!】

児童館勤務初日。

年子の長女と長男を幼稚園に送り、そのまま志木の実家に次男を預けに行きました。

長女と長男も、幼稚園の延長保育を使うことになって、みんながそれぞれに新生活の始まり。

でも、私は緊張感の中にワクワクする気持ちを抱いて初出勤したような気がします。

 

当時のメンバーは、朝霞市から出向されている館長と社協の正職員さん二人。そして児童館準備期間から臨時職員として働いているMさん。

みんな児童館経験はゼロ。だから何もかもが試行錯誤で初めてだらけ。

 

館長が大事にしていたことは二つ。

★みんなが初心者。ここでは館長も臨時職員もない。みんなでアイディアを出し合い、みんなで取り組んでいこう。

★初心者でもできることはある。それは“あいさつ”。来館者が来たら元気に笑顔であいさつして迎え入れ、帰るときには「また来てね。今日はありがとうございました。」の気持ちであいさつをしよう。

 

とっても嬉しかったな~。

私も何ができるわけでもないけれど、一人でより二人、二人よりもみんなで平場で肩寄せ合い、語り合いながらこれからこの「はまさき児童館」を創っていく仲間になれたと思うと、本当にうれしくて、前向きな気持ちになりました。

 

そして、あいさつ!!!(^^)

 

私も当時は乳幼児の母。他の市の児童館をよく利用していました。

そこの職員さんはいつも事務所の中。こちらは勝手に遊ばせてもらうだけ、という感じでした。

それが「児童館」だと思っていました。

 

でも、はまさき児童館では来館したらまずあいさつ。

事務室から顔を出し、ある時は入口まで行き(子どもが二人以上とか、何かと入るまでに大変な方もいるのです)、

保護者の方にも子どもたちにもあいさつをするのです。

 

これまで私が利用者として使っていた児童館とは違う、

『児童館』になる予感がしました♪

運命の神様は誰?!

[児童館の思い出14年史]

児童館職員としての14年間。足跡を綴ります。

子どもに関わる方、親御さんに、子どもとの関わりのヒントや児童館のような場所(学校でも家でもないナナメの関係ができる場所)の存在意義を知っていただけたら嬉しいです。

これから私が関わっていく『進学塾 みらい学舎』も・・・

もしかしたら“ナナメの関係”が作れる場所かもしれない。

教育と福祉、混ざりそうもないこの関係を、新たな視点をもってチャレンジしていきたいと思います。(太田佳代子)

**********************

【児童館の思い出1:運命の神様はだれ?!】

 

14年前の昨日、5月5日。

私が勤める「はまさき児童館」がオープンしました。

私はまだその時点では児童館職員ではなく、4歳3歳1歳の子の母であり、専業主婦でした。

14年前は、夫の実家にみんなで帰省していましたね^^

 

あれは偶然の必然?!

 

南朝霞公民館に児童館臨時職員募集のポスターが貼ってあり、

「あ~いつかこんな仕事ができたらいいな~って思うんだよね。」と、友人(この女神さまは誰だったんだろう?すっかり忘れてる!!)につぶやいたところ、

「え~、じゃあ履歴書だけでもだしてみたら?いつかつながるかもよ~♪」と、かる~く言われ、私も、

「そっか~^^じゃあ、電話してみよう♪」と、後先あんまり考えずに気づいたら行動していたんです。

連休前の4月末、ちょうどその日が募集最終日だったので、夕方ぎりぎりセーフの5時すぎに当時募集窓口だったきたはら児童館に電話したんだったな~。

 

そして連休明けに、運命の電話。

はまさき児童館の館長からでした。「週にどれくらい働けますか?一度来館して面接させてもらえませんか?」

私、まだ1歳の末息子を連れて、たしか、普段着で(笑)面接に行きました。

しかも面接の場所は、はまさき児童館のゆうぎ室。

息子をボールプールで遊ばせながらの面接(笑)

 

どんな面接内容だっかはあまり覚えていませんが、

こうして5月末の火曜日から、週に3日間、夫や実家の母の協力を得て、また保育園の一時預かりの制度を活用しての

「はまさき児童館臨時職員」生活が始まったのでした。

 

親のトビラ講座Vol.2のご報告

2013.7.17 [おや?親のトビラ,親育ち,講座]

昨日(7月16日火曜日)、親のトビラ講座VOL.2を開催しました。
今回は、以前感覚統合の講座講師を家庭教育学級や児童館の講座でお願いした茂木厚子さんをお招きし、私を含め6名で、発達のデコボコのなぜ?を学び合いました。
************************
 子どもがやたらと揺れたがったり、高いところに登りたがったり、鉛筆やパーカーの紐をかじったりするのは、その自身の成長に必要な感覚を得ようとしているから。
その行動だけを着目して、「あぶない、そんなことしちゃだめ、やめなさい!」と言って
行動を制限してしまうと、実は必要な発達を妨げてしまっているんだという事実。
子どもの行動には全て理由があるんだということを、理解する必要があるようです。
 それから、子どもたちが発達する時は、「快」の状態の時だそうです。
子どもたちの「快」はどんなときになる?・・・それは、子ども自身が自分のやりたいことで「遊んでいるとき!」
遊びを通して、いろんな感覚を経験することで、感覚の統合がなされていくのだそうです。

 私たち大人や親たちは、できないこと、よくないことに着目して、つい子どもたちを注意する。
すると、子どもたちは「不快」な気持ちになる。
そんな状態では、どんなに勉強したって、どんなに練習したってダメ。
子どもたちが「快」の状態にいられる工夫を、私達は頭をちょっと切り替えて、
考え、行動を変えていけると良いのかもしれませんね。

 それにしても、発達の凸凹は、実はみ~~んな、大人になったって、多かれ少なかれもっているものですね!だからこそ、互いに「快」の状態をつくりあって、思いやって、支えあっていくことが、とっても大切なんですね★
 また新たなつながりをつくることのできた講座となりました。
************************
<参加した方の感想より>
☆子どもがうまくいかない理由を考えて、何事も理解して対応していくことの大切さを再認識しました。「まずは、快の状態にしてあげる」ということ、快の状態になれる方法をたくさん見つけて、親子関係も良くしていきたいです。

☆家が安心できる場所にして、言葉のかけかたに気をつけていきたいと思います。息子を通して学んだことを、自分が関わっている子どもへも、対応していきたいと思います。

親のトビラ講座Vol.1のご報告④

2013.7.3 [おや?親のトビラ,勉強・受験,思春期,親育ち,講座]

<親のトビラ講座Vol.1 追記~併願お私立高校選び~>
そうそう、受験に関する学校選びや説明会のことも話題に出ました。多くは県立志望のようですが、みなさん、併願校の私立高校選びに頭を悩ませていました。まず、子ども自身が興味がないんですよね(苦笑)。しかし夏休み以降は様々な私立高校で説明会は個別相談が行われ、実際に足を運ばなければならないという現実が待っています。
しかし、子どもたちはまだ、部活動を引退したばかり。中にはまだ部活動をしながらの子どももいます。良くて第一志望について考えるくらいではないでしょうか?
したがって、親としては「少しでも早めに準備を・・・」と気も焦りますが、ここは「いつかは決めていくもの。遅くとも2学期以降にまた様子はかわるだろう。また、いくら早めに準備をしていても、土壇場で変わることもあるのだから、とにかく今は焦らず口に出しすぎずで、情報収集にとどめておくようにしよう。」という覚悟をもつくらいがちょうど良いのかもしれませんね!

(報告終了)

親のトビラ講座Vol.1のご報告③

[おや?親のトビラ,勉強・受験,思春期,親育ち,講座]

<親のトビラ講座Vol.1 語り合いの中の今回のキーワード>
・ つながりって大事。親も子も。
・ 母性性(そのままでいいんだよ)と父性性(それではダメでしょ。こうすべきでしょ。)を与える順番は大事。
母性性が先。社会は父性性ばかり。家庭は母性性を!
(児童精神科医の佐々木先生の講座より)まずは聴く。相手の希望を受け入れてみる。
・ 人間は本来自立したがっている
・ 想像力を今こそ働かせて。表面の感情や行動の裏にある、子どもの本音を感じよう。
・ 伝えるための言葉がけは、CCQ(穏やかに・近づいて・静かに)そして、簡潔に。
信じて待つ。それでもだめならブロークンレコード方式(繰り返し伝える)でCCQ!
・ 「できる(優越感)・できない(劣等感)」だけの価値基準になりがちな受験期。
今こそ、それ以外の価値観メッセージを送ろう!(ありのままのあなたを大切に思っているよ。大丈夫。)

<感想>
・ 信じて待つことの必要性とその大切さが理解できました。子どもの心を受け取れる余裕を持つためにも、親の不安な気持ちやストレスを共有・発散できる時間がもてて良かったです。
・ 毎日の場面を思い出しながら、みなさんのお話にうなずいていました。学校見学は大変そうですが・・・。
・ 今日はとても参考になりました。“受け止める親の力と心”“自立させながらも手を貸すタイミング”“仲間とのやり取りの中での優越感や劣等感を感じながらも、自身を成長させている子どもの今”・・・今、親としてやるべきことは、「子どもを見守りながら、いつでも話せるタイミングや小さな行動(がんばっていること)を見逃さないで、ほめること」。がんばります。
・ 同じ中3のお子さんを持つママたちと話ができ、相手の話の中から、自分が気づいていなかった所に気づけたり、同じ悩みを持っていて、共有ができたことがとても良かった。子どもとの対話の仕方を学べて良かった。子どもに言う前に、まずは自分がどうかを考えて、相手の気持ちを考え、理解をすることが大切なんだと、改めて思いました。「待つ」を心がけます!
続きは④へ